太陽光発電

太陽光発電、10年買取満期後の売電価格が沖縄電力から発表されました!!

190603

沖縄!! 太陽光発電期間満了後の買取価格は7.5円となりました!!「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の買取期間満了後の再生可能エネルギー電気の買取単価などについて

2009年から太陽光の売電制度がスタートいたしました。

余剰電力買取制度は、申請した年度に定められている売電単価を10年間固定するというものでしたが、

制度開始から10年がたとうとしている今、「売電期間の満了」を迎える設置者が多くでてきます。

当時の売電単価が1kwh/48円と非常に高かったこともあり、2009年を境に太陽光発電システムの設置者が急増いたしました。

その為、今年2019年に売電期間の満了を迎える設置者は非常に多く、その数は50万世帯にも上ると言われています。

「太陽光の売電期間満了後」も売電ができるかという事については、特に多くの関心を集めており、太陽光発電業界では「2019年問題」と呼ばれ多くのお客様が関心を寄せていました。

10年満期を迎え、その後も沖縄電力へ引き続き売電を希望する場合。売電単価は、7.5円/kwh(税込み・消費税率10%)

今までのように電気を売れなくなった今、その対策として蓄電池の導入が増えてきています。

今まで売っていた電気を蓄電池に貯めて、電力会社からほとんど電気を買わず自給自足のシステムが組めます。

これからは、電気を「売る」時代から、「使う」にシフトしていきます。

最近では、蓄電池そのものにAI機能が搭載されており、天候や消費電力の予測、また曜日や時間帯を考慮して制御機能が働き、最適な経済効果を発揮するように、充放電を行えるものも発売されています。

太陽光発電を設置した方の最終ゴールは、やはり蓄電池の導入ではないでしょうか?

自給自足、災害時にも電気が切れることなく普段通りの生活ができる仕組みを創ることがこれからのメイン路線となっています。