太陽光発電

沖縄県の太陽光発電の失敗やトラブル!!

太陽光発電 住宅

太陽光発電を考える時、失敗やトラブルについては事前に知っておいたほうがいいですよね。

「あなたは、太陽光発電のリスクを営業の方から聞かれましたか?」

「沖縄での台風、塩害についての失敗やトラブルを教えてもらえましたか?」

太陽光発電はメリットばかりに目がいきやすい高額商品だからこそ、リスクも知っておくと安心して設置できますね。

売れればいいと太陽光発電のメリットだけを誇張し販売する「売って終わりの太陽光業者」が多くいることも事実です。

これこそが太陽光発電の失敗やトラブルの元となります。
30年使えるものだからこそ信頼できる提案内容や知識のある販売店からの購入が大事です。

太陽光発電を勧める業者がよく使う宣伝文句として、「売電収入で儲かりますよ」というものがあります。

これまでお金を払って電気を使用していたのに、逆に利益が出るというのは大きなインパクトがあるからです。

太陽光発電の導入にかかる初期費用に難色を示す人に、設置後に回収できるとアピールする目的もあります。

今後ずっと不労収入を得られると説明を受けて、家計の足しにするために導入を決めた人もいるかもしれませんが、予想していた収入額に届かないケースも多いのです。

また勧誘時には発電量が多いと感じさせるために、晴天時についてしか説明しない業者もいます。その場合、売電や自給自足ができると思っていたのに発電量が足りないことがあります。

NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 等の信頼のおけるデータなどをもとにしているのかどうか、根拠を求めることも大事です。

また勧誘時に、補助金について過剰にアピールする業者も存在します。

たとえば、支給される可能性が高いと聞かされていたのに、実は支給要件に当てはまらないシステムであったケースも見られます。

太陽光発電に関してお客様は素人なので、太陽光発電のメリットだけを伝えられ、太陽光発電のリスクを隠されてもなかなか気づかないと思います。

有名なメーカーだからと安心して購入を決めるのではなく、その背景に何があるのかきちんと判断していくことが大事です。

太陽光発電の業者選びの一つの目安として、太陽光発電のリスクをきちんと共有し、対策や実際に起こった時の対処の仕方、それを可能にする保証体制などを事前に伝えてくれる業者をお勧めいたします。

 

太陽光発電、失敗しない業者選び6つの要素

 

① 販売業者に実際に会って判断する(知識と経験があり、法令制度を十分に理解しているかどうか)

② 遅くても5日迄に見積書を作成する業者(トラブルに迅速に対応してくれるかどうか対応力をみましょう)

太陽光発電の価格は1kwあたりの単価で比較検討する価格÷システム容量=1kwあたりの単価)

④ 複数の太陽光業者から相見積もりを取る

⑤ 太陽光発電シミュレーションの根拠を確認する

⑥ 価格の妥当性を知るための重要な3つのポイントをおさえる

⑴安すぎるモノや高すぎるモノは要注意(価格ではなく、太陽光の価値を売る販売店を探しましょう)

⑵見積書の値引き金額が大きすぎて、実際の細かい金額がわからない(安かろう悪かろうの業者に多いです)

⑶保険保証、メンテナンス費用は入っているか(工事が悪く、部材が低品質な為、売って終わりの販売店です)

 

この6つの要素を参考に、「この太陽光販売業者が一番親切で信用できる」と思える会社を選ぶことで、失敗する可能性は下がり、納得感と満足感のある太陽光発電が導入できるでしょう 。

25年、30年という非常に長い期間運用する太陽光発電では、あなたの業者選びによって結果が大きく変わります。

「太陽光発電を買って良かった」と一人でも多くの方に思っていただけたらとてもうれしく思います。